fbpx

2019年の夏、ヨガ業界に激震が走りました。

ヨガアライアンスから

新しい規定が発表されたことは

ご存知でしょうか?

これによりRYT200やRYT500の価値が

大きく変わることが予想されています。

いくつか大きな変更点があったのですが、あなたに関係する変更点を解説します。

変更その1 リードトレーナーの資格基準の変更

養成コースを教える先生の責任者、つまりリードトレーナーの要件が

これまでのE-RYT200からE-RTY500へ変更がありました。

これまで2020年2月〜
リードトレーナー
(教える人の責任者)
E-RYT200 E-RYT500

今後はE-RYT200を持っていても養成講座を開催することはできません。

E-RYTとはexperienedの略。つまり「経験を積んだ」という意味で

RYT200を取得後、規定時間のプラクティスと指導時間で付与されるものです。

これまではRYT200を取得した後、ある程度期間が経てばE-RYT200になり、

そしてRYT200の講座を開くことができていました。

それが今後はE-RYT200では養成講座の開講ができなくなります。

つまり、

これからはRYT500がスタンダードな基準

となっていくことは明らかです。

変更その2 RYT300が単独で取得できるようになった

2019年9月まで2019年10月〜
RYT500への手順RYT200 →
+RYT300
=RYT500
 RYT300とRYT200
どっちが先でも良い。

ご存知のとおり、

以前のRYT300はRYT200の継続コースのような意味合いがありました。

RYT300を受講しようとするときに、そのスクールでRYT200を終了してないと、受講できないというルールもありました。

例えば、RYT200ではヨガの基礎的なことを全体的に学び、RYT300の講座では解剖学、シニアヨガやマタニティ、キッズヨガ、瞑想メディテーション、哲学など自分の興味ある分野を深める、という感じです。

今後はRYT300が単独で受講できるようになったことから、この流れは変わってくると思います。

(ただし、RYT200が終了してないと登録できません。RYT200が終わった時点でRYT500として登録できます。)

なぜこれが画期的なのか?

これまでRYT300やRYT500はほとんど大手が寡占していました。

あまり競争原理が働いていない状態でした。

まずRYT200を取得してもらって、その後にさらにRYT300へつなげる、というビジネスモデルができてたのです。

そして、その結インストラクターの質が落ちてしまった。

今回のアライアンスの規定変更はそのモデルに問題があることを示唆しているように感じます。

RYT200とは違うスタジオでRYT300を取得することには受講側に大きなメリットがあります。

色々なヨガを経験することで、今後のヨガに対する視野が大きくなることでしょう。


RYT200の地位は低下しています。

昨今、RYT200養成コースがたくさんあります。

RYT200を発行してお金をもらう、RYTビジネスといえるコースも少なくありません。

RYT200を終了していてもヨガインストラクターとしてお話にならない人もいます。

聞いた話では、教科書すらないコースもあるようです。

合宿して楽しく過ごして、ちょっとヨガやって終わり。

「RYT200取得しました〜!!ちょー楽しかった〜っ!!」

みたいな。


RYT200の価値は以前よりずっと落ちています。

もちろん良い養成コースをやっている学校もあります。

素晴らしい先生もいます。

Classo yogaでもRYT200もやってます。

200時間真面目にやるとかなりのことを学ぶことができます。

ただ、全体として見た場合に、間違いなくRYT200の価値は低下しています。


英検に例えましょう。

分かりやすいと思います。

RYT200の価値は今までは英検3級くらいの価値だったのが、今は4級か5級くらいになっています。

単独で取得できるようになったRYT300が英検3級くらいの価値に置き換わったのです。

これまでこれから
RYT2003級4級
RYT300単独なし3級
RYT5002級2級
EーRYT5001級1級

このようにRYT300が単独で取得できることにより、RYT200の価値が一つ下がったのです。


RYT200を持っていれば評価される時代ではありません。

当然お分かりだと思いますが、

RYT200よりRYT300が評価されます。

そしてまだ今のところRYT300の講座は少ないし、RYT200のコースはどんどん増えています。

RYT200の先生はどんどん増えますよ。

あなたはその一人として埋まってしまいます。

インストラクターとして将来もやってくのであれば危機感を持つべきです。

現時点インストラクターの力量を測る客観的な基準がない以上、ヨガアライアンスのRYTの有無で判断するしかありません。

その判断の基準がRYT200でなく、RYT500に変わっていくのです。


これまであなたのことを思って正直にお話ししてきました。

RYT200も必要ですが、将来的には必ずRYT300が必要になります。

RYT200はいくらでも講座がありますが、RYT300は多くありません。

期間も長いです。

取得できるときに取得しておきましょう。


RYT200とRYT300どちらを取得すべきか?

RYT200の講座はたくさんありますが、RYT300の講座は多くありません。

RYT300を取得できる機会があれば、そのときに取得しておくことです。

あなたに古くから伝わる格言を教えます。

チャンスの女神は準備をしているものしか微笑まない。」

勝利の神様は玄関から入って来たかと思うと、すぐに裏口から出て行ってもう2度と戻ってこない」


ぜひ、チャンスがあればRYT300を受講してください。

あなたがRYT300を学ぶことで一人一人の生徒のレベルアップにもなっていくわけです。

あなたが学ぶ、ということはあなた一人のことだけではありません。

あなたの生徒さん、何十人にも関係すること

ということを分かってください。


Classo yogaのRYT300はRYT200の続きではありません。

あなたがどこでRYT200を取得していても、またはRYT200を取得していなくても問題ありません。

ClassoyogaのRYT300はそれだけで独立したRYT300となる予定です。

もしあなたがRYT300に興味があるのであれば、いますぐ資料をご請求ください。

1月10日から1月31日までが最安値の早期割引期間です。

この価格については資料請求した方だけにご案内いたします。

遠方からのご参加できるよう宿泊先と提携したサービスを用意する予定です。

まずはこちらからご請求ください。

PAGE TOP