fbpx

Classo yogaではRYT200よりもっと深く、もっとexcellentなgood teacherになるためにRYT300、RYT500の講座を考えています。

なぜRYT500が必要か?

なぜRYT500が必要なのでしょうか?

RYT200とRYT500の大きな違いは、インストラクター養成講座を開けるかどうか。

実は2020年からRYT200の養成コースを開講できるのはE-RYT500が必要になります。

今はまだE-RYT200でも大丈夫です。

あまり知られてないので、あなたも知らないかもしれません。

RYT200を持っていれば養成コースを開ける、と思っている人もいます。

実際知らずに養成コースを開いて、全米ヨガアライアンスに登録しようとして(当たり前ですが)できないことを知り、トラブルになった、なんてこともあるそうです。

あなたが今後ヨガインストラクターとして活躍し、養成コースを開くためにはRYT500が必要になります。

開始時期は?

開始時期は未定です。

現在、講師予定の方と時期や場所について折衝中です。

RYT300やRYT500となるとRYT300でも最速1ヶ月、通常2ヶ月程度必要です。

それだけの時間をまとめて確保することも難しく、講師の方となかなか諸条件面も含め一致を見ていません。

気になる方はご登録ください!

もしRYT300/RYT500に興味のある方は下記からアンケートにお答えください。

どの時期がいいか?何時からやればいいのか・・・参考にさせていただきます。

他のスタジオの先生も大歓迎!

一緒に大分のヨガ業界を盛り上げたい、と思っています。

ぜひご協力ください!

(秘密は厳守いたしますのでご安心ください)

開催が決まり次第ご連絡いたします。

PAGE TOP