fbpx

ヨガマットの選び方

新しい年は新しいマットで!

ヨガをヨガらしくしているものの一つがマットです。

どんな動きだろうが、裸足でヨガマットの上でやれば、なんとなくヨガらしくなります。

スタジオには借り出し無料のヨガマットがあります。

あれはあれで良いです。

悪いマットじゃありません。

が、

せっかくなら自分のマットで気持ちよくヨガをしてもらいたい!!

と思っています。

結構マットは大事です。

気持ちの面でも実用面でも大事。

ヨガはマットの上が”自分の聖域”です。

ヨガをやっている間は、マットの上があなたの世界です。

自分のお気に入りのマットでヨガをすると気持ちも盛り上がります。

良いマットは、動きもサポートしていくれます。

止まって欲しいところで止まってるので安全です。

伸びたり、滑ったりしないので、変なところに力が入らないので疲れません。

これは使ってみないと分かりません。

使ってみれば違いが分かります。

まだスタジオのマットを使っている方は、来年はぜひ、ご自身のマットを使ってみてはいかがでしょう?


きっと失敗しないヨガマットの選び方

さて、

じゃ、どんなマットを買えばいいの?

という質問はよくあります。

ネットなんかでも厚さがどうたら、素材がどうの書いているページがありますが、

「いや、この人絶対分かってないでしょ!?」

というサイトも多く、ヨガをやってないフリーライターさんが書いたものが多いように感じています。

なので、ちょっとここで説明をしましょう。


・厚さ:

厚さは参考程度の数字です。

4-6mmくらいが一般的です。

ふかふかの6mmもあればしっかりした4mmもあります。

柔らかい6mmよりしっかりした4mmの方がお尻や膝が痛くありません。

あまり沈み込まず適度な硬さがあるマットがおすすめです。

これは実際に上に乗ったり、ポーズをとってみないと分かりません。

くれぐれもネットで安いやつを買わないようにお願いします!


・滑り具合

良いマットの条件の一つは”適度な”滑り具合です。いわゆるグリップ力。

ここに各社力を入れています。

ホットヨガの場合は汗に強いグリップ力が求められますが、常温ではホットヨガのように汗がボタボタ滴り落ちるようなことは滅多にありません。

グリップ力は強過ぎても足がひっかかったりします。

止まるところはしっかり止まって、動かせる場所は安定して動かすことができるマットがいいです。

ただ、、これも使ってみないと分からない。


・伸び:

フィットネス用のマットとやや高いマットの最大の違いは伸びです。

安いマットは伸びます

ダウンドッグや戦士のポースなどで手や足を踏ん張った場合に、明確に違いは分かる。


・大きさ

ヨガマットは全て同じ大きさではありません。

縦はほとんど一緒ですが、横幅は違います。

当たり前ですが広い方がいいです。

広いといっても10cm程度の違いですが、それでもかなり感覚的には違います。

シャバーサナで手がマットから出るかでないか、小さいところですが、大事です。


商品名

”フィットネスマット”と書いてあるのは選択肢から外します。

そもそもフィットネスマットとヨガマットは用途が違います。

フィットネスマットはそこで腹筋とスクワットとか床でやると痛いからマットを使おう、かそういう用途です。

ヨガのように裸足でその上で立って動くことを前提に作られていません。

危ないです。


商品レビュー

アマゾンや楽天で買い物をするときにレビューを見ると思いますが、参考程度です。

そのマットしか使ったことがない人であれば、安いマットでも「すごくいい」という評価になるでしょう。

たとえばスタジオのレンタルマットは安いマットに比べれば全然いいです。

「安いマットを使っていましたが、このマットは全然滑りません!」的なレビューになると思いますが、もっと良いマットを知っている人からすれば

「あと数千円だして、もうちょっと良いマットを買った方がいいです。」

なります。


ヨガマットを選ぶときに一番信頼できる基準

価格

結局、これこそが一番信頼できる基準かもしれません。

ヨガマットに”ユニクロ”はありません。

安いものは安いなり、高いものは高いなりです。

すべて価格に比例するとは言いませんが、概ね比例します。

価格の基準は1万円。

1万円くらいを超えてくると、大体良い感じです。

ヨガマットは高くでも2万円です。

高いと言えば高いですが、1回かえば数年は使えます。

5年使えば1年4千円。1日十円くらいの投資で、気持ちよくヨガができます。

あなたもそのうち自分のマットが欲しくなるし、良いマットが欲しくなります。

最初安いマットを買って1年で捨てるより、最初からある程度もものを購入した方がいいです。

最初に5千円のマットを買って、あとで1万円のに乗り換えるより、最初から1万5000円のマットを買った方がいいのです。

最初に高いマットを買う勇気がないのは分かりますけどね。

高いマットを買えば、ヨガを続けざるを得ない、という隠れた効果があることも付け加えておきます。


どれがおすすめか?

で、一番知りたいのは

「結局どれがおすすめなの?」

ということですね。

すべてのマットを知りませんが、Mandukaは安心感があります。

なのでスタジオ で販売しているのは一応Mandukaさんにしています。

世界的に有名ですし、価格も普通です。

最高級レベルで2万円以下。

1万円を越えれば、どれでも安心です。

suriaさんとかイージーヨガさんも悪くはないけど、ちょっと安っぽい感があります。

価格相応。

ちなみにクラソノの緑のマットはMandukaさんのThe PROシリーズです。


買う前にご相談を!!

もしマットを買うつもりであれば、その前にご相談ください。

ちょっとしたアドバイスできるかもしれないし、失敗を防ぐことができるかもしれません。

ちょっと安く買う方法などもあるかもしれません。

大丈夫、押し売りなどはしませんのでご安心を!


去年もこの時期にセールをしました。

「今年もマットが安くなるはず・・」

と思っていた方もいたかもしれませんね。

お待たせしました!!

大体2割引くらいです。

新しい年は新しいマットで!!

もし、欲しいマットがない場合や売り切れた場合には、

こちらでも少し安く買えます!

とはいえ、実際使ってみないと分からないな、、という場合はご相談ください!!

良い情報があるかもしれない。。

今回書いてみて、もうちょっとちゃんと書いた方がいいかも。。と思いました。

いつかちゃんとまとめます。

今のところは、相談してください。

PAGE TOP