< >

あなたがインストラクターとして活躍するためには人一倍の努力が必要です。

アーサナはもちろん、解剖学や歴史、哲学などについても学ぶ必要があります。

今回数あるヨガ本の中から10冊選びました。

これまで数十冊を読んできました。

当たりもハズレもあります。

ハズレを読むのも必要かもしれませんが、まずは大事なものから読んで行く方が時間の節約になります。

この他にももっと紹介したいものがありますが、とりあえず色々な分野から「これ!」という一冊を選んでいます。

もし、読んでないものがあれば一度読んでおいてください。

アーサナ・ポーズ本のおすすめ

""” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener” aria-label=”「ハタヨガの真髄」 (新しいタブで開く)”>「ハタヨガの真髄」

B.K.S.アイアンガー

とにかくポーズの種類が多い。

ザ・ヨガバイブル。

哲学から呼吸法までとりあえず全てが説明されてます。

『Linght on Yoga』

として、全世界的に読まれています。

インストラクターなら当然に持っておくべき一冊。

「全てのヨガ本でどれか一冊だけ選べ」

と言われたら、この本を選びます。

残念な点:できないポーズが多い!

これができることがヨガのゴールと勘違いしないようにしてください!


2 ヨガポーズの教科書

棉本彰

アーサナ本の一つ。

手元にある10冊のアーサナ本のうち、一番分かりやすい。

他の本がダメ、ということではないけど、説明の分かりやすさがいい。

ポーズの数で判断せずに内容で勝負するならこれ。

他の本がダメ、ということでなく何を求めるかにより選べばいいでしょう。

ヨガ哲学・歴史

2 いまに生きるインドの叡智

成瀬 貴良

歴史本や哲学本は何を知りたいか、何をテーマにするか、といことで個人差が出ます。

この本は全般的に網羅されています。

他の本からの引用や参考にしただろうな、、と思われる箇所が多く、内容の深さやオリジナル感はありません。

それだけにこの1冊で幅広くカバーできます。

3 インテグラルヨーガ

スワミ・サッチーナンダ

スワミサッチーナンダ師によるヨーガスートラ解説本。

ヨーガスートラといえばこれ、と言われるくらいよく読まれています。

西洋人を対象に書かれただけに、現代的な社会の中でのヨーガスートラの解釈をしています。

物語的にヨーガストートラに入っていけるところがいいです。

バガヴァッド・ギーター

バガヴァッドギーターはインド思想を代表する物語です。

解説本もありますが、一番分かりやすいのはこの岩波本かもしれません。

注釈を丁寧に読むとすごくいいです。

また、巻末に解説も載っていますので、さらに理解が深まります。

ギーターの本もたくさんありますが、そのものを理解するならこれ。

6 ヨガ・ボディ: ポーズの起源

マーク・シングルトン

アーサナをしながら「このポーズは何が元になってるんだろう?」

「何の経典に収まってるんだろう?」と考えたことはないでしょうか?

たとえば、太陽礼拝がいつからあるのか?

どんな意味があってやっているのか・・・

ヨガのポーズの起源について書かれた一冊。

今後、この分野については研究が進むと思いますが

今のところ、ヨガのポーズの起源について書かれたものはこれしかないです。

インストラクターなら、是非読んでおきたい一冊。

ヨガを客観的に見るきっかけになります。


解剖学・運動学

7 サイエンス・オブ・ヨガ

アン・スワンソン

本はポーズの数が少ないですが、考え方や解剖学の基本的な考え方がちゃんと書かれています。

ただし、筋肉や骨など解剖学の基本が分かっていることが前提です。

ヨガのポーズの解剖学の中で選ぶのであればこれで間違いありません。

筋肉や骨については、別に購入した方がいいです。


8 ヨガの運動学

中村尚人

日本でのヨガの解剖学の第一人者中村先生です。

分かりやすく解剖学的な観点でヨガの動きを解説しています。

ヨガは流派や先生により教え方がかなり違いますが、人間の体の構造は基本的に同じです。

「怪我なく、安全に」という視点からヨガをするのであれば、どのヨガのインストラクターでも、知っておくべきです。

このDVDもオススメ。本かDVDか迷ったらDVDで。。。

瞑想・呼吸

9 サーチ・インサイド・ユアセルフ

チャディー・メン・タン 

瞑想の一つ、マインドフルネス瞑想について書かれた本です。

ヨガの瞑想について書かれたほんもありますが、ほとんどが「こんな瞑想の方法がありますよ」という紹介本がほとんどです。

現在、現実的に瞑想をしようと思った時に参考になるのがマインドフルネス瞑想です。

まずマインドフルネス瞑想から入って、他の瞑想に入っていくことをオススメします。

そして、数あるマインドフルネスの中でもとりわけ分かりやすいのがこの本です。

仏教ベースのマインドフルネス瞑想が紹介されています。

非常に実践しやすい本です。

アジャストメント

10 ヨガ講師のための、触れて伝える ヨガアジャストメント

Mark Stephens

数少ないアジャストメントの本ですが、アジャストだけでなく”インストラクターのための生徒に怪我をさせない”アーサナ本として活用できます。

またインストラクターとしての心構えや注意点なども非常に参考になります。

これを読むことで「あなたの指導で生徒に怪我をさせる可能性」ついて、深く理解できます。

インストラクターの方は是非読んでおきたい一冊。


今回10冊の本を紹介しましたが、他にも良いヨガの本はたくさんあります。

インストラクターとしてキレイなアーサナをとるために、アーサナ本に偏りがちですが、バランスよく学んでいただきたいと思います。

RYT200で勉強したけど、解剖学に自信がない、哲学はさっぱりわからないし・・という人は多いはず。

ヨガジャーナルにこんな一節がありました。

「20時間の解剖学なんてほんの一瞬。生徒に怪我をしてくださいって言ってるようなものだわ。」

その通りだと思います。たった数十時間の解剖学で理解できるものではありません。

良いティーチャーとしてあり続けるためにもずっと学び続けることは必要ですし、学んだことを生徒さんやクラスに来てくれるお客さんへ還元することが大切です。

これからも学び続け、ヨガの恩恵を広めてください!

PAGE TOP