インストラクター養成講座の事前登録が終了します。

先日から募集しています。インストラクター養成講座ですが、来週月曜から先行申込が開始します。 平日昼間開催という、チャレンジな企画でしたが、事前登録者も10名を超えました! ちょっっとホッとしてます。 締め切りは14日ですが、それまでに枠が埋まる可能性があります。 5名を過ぎたその日で、終了です。 ということでお急ぎください。 最安値価格の門が閉じます・・・ モニター制度については、RYT200の価値が分かる人や相場料金を知っている人にとっては驚きの安さだと思います。 モニター申し込みはこちら

【超簡単解説】RYT200とは?

TSUKINA です! ついにRYT200講座の情報が公開になりました! ヨガでは結構有名な資格ですが、皆さんご存知でしたか? 初めて聞いた… よくわからない… でもちょっと興味ある✨ という方に向けて、すごーくものすごーく簡単にRYT200について説明します! ネットで検索すれば、すでに沢山情報は出てきます! それでもよくわからなかったという人向けですよ😆 まず、ヨガインストラクターに国家資格はありません。 資格を持たずにインストラクターとして活躍されている方も沢山います。 ですが言い換えると…誰でもすぐに「私はヨガインストラクターです」と名乗ることができてしまいます😲 それでは正しいヨガは伝承されませんよね… そのため様々な団体がいろんな名前で独自にヨガの資格を発行しています。 その中でも一番知名度・信頼度があり、世界で通用するヨガインストラクター資格が「全米ヨガアライアンス」です。 全米ヨガアライアンスは世界的にもかなり有名なアメリカのヨガ組織です。 (こちらがホームページですが、全部英語ですよ笑) その組織が世界共通のインストラクター指導水準を決めて、そこをクリアした人に渡される資格が「RYT200」です。 全米ヨガアライアンスの資格はRYT200以外にも、RYT500、RPYTなど数種類あります。 今回開催するのがそのうちの一つである「RYT200」の講座です。 簡単に言えば、200時間の決められた基準を学びクリアしましたという証明になります。 ヨガインストラクターになる為に面接を受ける時なんかは資格の欄にドーンと書きます(笑) では200時間独学で勉強してもいいのでは? というの違います😱 今は通信で取れるヨガ資格もあるようですが、このRYT200は全米ヨガアライアンスが指定する学校(スタジオ)で200時間学ばなければ認められません。 その指定された学校(スタジオ)をRYSといいます。 その学校になるにも条件がありますので、それを満たしたところで学んでねということです。 なんとなくわかってきましたか?🤔 要約すると… 世界一有名なヨガ団体が認めたスタジオで、規定の内容を200時間しっかり勉強してね! そしたらあなたがちゃんと水準を満たしたヨガインストラクターだってことを証明するよ! という感じでしょうか😊 (分かりやすくしてみましたが語弊があったらすみません) それくらいしっかりした資格なのでそれなりにお金がかかります… 今回限りのお得な価格もあるので、詳細はこちらからどうぞ!!! まだ公開されて2日ですが、続々とご登録いただいてます! 次は私がRYT200を取った時の話を書こうかな😆皆さんが興味があれば…(笑) ナマステ★

インストラクター養成講座の内容は?

クラソノです。 本日はヨガトレの日です。 ヨガのためのトレーニングなのか、トレーニングとしてのヨガなのか。。 どっちにしろ、あなたが思う、ザ・ヨーガという感じではありません。 雰囲気を求めて「あれキャンドルは?」なんてことは言わないでくださいね。 昨日から、(ちょっと早いけど)夏休みスタンプラリーも始まりました! スタジオのからのちょっとしたプレゼントです。 遊び心も必要ですからね。 次回はビンゴカードにでもしましょうかね、、、 せっかくなので、今月は8回来てみましょう! いいことがあるかも!! さて、 昨日からヨガインストラクター養成講座について事前登録を開始しました。 養成講座について 早速ご登録していただいた方、ありがとうございます! 結構、興味を持っている方が多いようで、、ちょっと驚いています。 養成講座ではどんなことをするの? 今回の講座については他のスタジオでやっているインストラクターもウエルカムです。 やはり将来のスキルアップのためにもRYT200を持っておきたいですからね。 解剖学や機能運動学については、他のスタジオより詳しいというか、こだわりがあります。 その代わり、お花畑のようなお話には全く興味がありません。 あなたの心の内面を観察したり、これまでの人生を振り返ったりだとか、そういうことはしません。 マントラをやりたいとか、チャクラを開かせたいとかはなし。 解説はしますよ。紹介はします。でもそれを深くしません。 そんな時間がない、というのは実際のところです。 200時間はあっという間です。 そんなことより、もっと知っておくべき知識がたくさんあります。 鼻から糸を通したり、布を飲み込んだりすることもありません。 そういうのは、そういうところでやっていただきたいと思います。 鶴太郎さんみたいになりたい、というのも、ちょっと違います。 ヨガを身体的な活動ととらえ、やっていきます 安全にヨガのポーズを指導できるように、まずインストラクターとなるあなたがちゃんとしたポーズを取れるように指導します。 そして、それを人に伝えることができるようにすることが目的です。 普通のレッスンでは踏み込まないこともやっていきます。 とはいえ・・・第1期なので、どうなるか分からない、というのも事実です。 実際にどんな人が来るのか、年齢層であったり、職業や、ヨガ歴など、、 めちゃくちゃレベルが高い人ばかり、ってことはないと思いますし、 皆が初心者ってことはないと思います。 なんとなく今までヨガをやっていて、 ヨガの良さを感じている、という感じの人が集まるんじゃないかな、、と予想しています。 単に肩書きとしてRYT200を取れればいい、という安易な考えで参加すると挫折する可能性があります。 そういうのは、そういうスクールで取得してください。 私の責任として、スタジオの責任として、今後の評価を左右するものになりますので、ちゃんとします。 逆に、やる気のある人、ちゃんとヨガを教わりたいと思っている人にとっては、多くものを得られる講座になると思います。 あなたのご参加を楽しみにしています。 迷っている方も、とりあえず事前登録をしておきましょう。 迷うのはそれからでもいいですよ。 事前登録はこちら