fbpx

ヨガの時の水分補給について

今週も雨予報が続きます。

事故が多いようなのでヨガの精神で、時間がない時も焦るチッタを抑えて、ゆったりとした運転でお願いします。

そして、これが終われば夏。

もうすぐです・・・

この時期、気をつけなければならないのが汗と水分補給。

女性は「なぜか」汗をかくのが好きようですね。

ズバリ言わせていただきます。

汗をかくこと自体に美容的・健康的な効果はありません

体の体温が上がって「マズイ!このままじゃ茹であがって死んでしまう!」ということで深部体温を下げるために汗を出すわけですからね。

あえて自分を死ぬか生きるかの厳しい環境に置く必要はないわけです。

まぁ、それくらい頑張っている、という指標になるし、水分を摂取できる状況であれば問題ないので、汗をかいて爽快な気分になるなら、それはそれでいいか、と思っています。

ヨガですからね。メチャクチャに動くわけじゃないし。

コントロールされた室内で行いますし。顔色見えますし。


ただし、

汗をかくという、それ自体には美容効果、健康効果の何の意味もない

ということだけ。

汗をかいて痩せる、なんて愚の骨頂です。

エクササイズの前後で体重が変わっていたら、それは水分補給が足りてない証拠ですから。

一歩間違えば死ぬかもしれない、くらいの気持ちでいてください。

真面目な話ですよ。これは。

それだけ知って

「あー、汗をかくことって意味ないんだ、、、」と感じてくれればいいです。

はい。アンチホットヨガです(笑)

ホットヨガなんてやらない方がいい

なんていうと敵が増えそうなので、あまり言いたくないのですが、事実は事実として、それはまたいつか別の日にしましょう。

ホットヨガが体にいい、という根拠があれば教えていただきたいです。


さて、本題へ。

【水】というのはどの栄養素よりもパフォーマンスに与える影響が大きい

と言われています。

例えば、体重のわずか1%程度の量の水分喪失で深部温が上昇し、3-5%の喪失で心臓血管系に負担かかるとともに、熱の放散能力が落ちます。

そして7%では虚脱症状が起こります。

自分の体重で考えてみましょう。

あなたの体重を仮に50kgとしましょう。

あれ?少ないですかね、、多いですかね。。

体重50kgとして50mlの喪失で体温が上がり、200ml程度で心臓に負担がかかり、350mlくらいで虚脱症状がでる、ということです。

まぁまぁ危険です・・

『喉が渇いたらすぐに水分をとってくださいね』

なんて言いますが、それじゃダメです。

ここ誤解していませんか?


自発的意思による水分摂取では適切な水分補給はできない

と言われています。

大量の水分が失われると、渇きに応じて水分を摂取するメカニズムが十分に機能しなくなるのです。

だいたい必要量の60-70%くらいしか摂取しない。

つまり、水が飲みたいな、と思って飲んでもそれじゃ全然足りないことが多いです。

なので、ある程度計画的に摂取予定をしておく必要があります。

例えば15分に1回200mlとか。30分毎に250mlとかね。


このスタジオでやっているような、通常のヨガの場合はそこまで脱水状態になることは稀だと思います。

例外もありますけどね。火曜の夜とか、土曜の朝とか。

季節も季節だし、汗出ますからね。

でも、一応冷房あるし。休憩もするし。水も飲み放題です。


そして、大事なのが運動前の水分摂取です。

目安は

だいたい2時間前に500ml程度摂取しておけば大丈夫です。

これは食事からの水分も含みます。

ご飯だったり味噌汁だったり。

苦しくない程度に飲んでおけば大丈夫。

1時間程度のエクササイズであれば、水で十分です。

2時間前に500ml 水分を摂取。

これ、暗記しておいてください。

できるだけスタジオは寒くない程度に涼しくしますが、場所によって暑い場所や冷気が直接当たる場所などありますので、気持ちよくヨガができるよう、譲り合いの精神でお願いします。

PAGE TOP