fbpx

ある二人の女性の話。

15年前の春、二人の女性が同じ高校を卒業しました

彼女らには共通点が多くありました。

二人は同じ高校を卒業し、二人とも地元の会社で事務仕事をしていました。

そして二人とも同じ時期にヨガをはじめました。

その二人が、久しぶりに先日会うことになりました。

彼女らには今でも共通点が多くありました。

どちらも幸せな結婚をして、二人の子供がいました。

そして二人ともヨガを続けていました。

ただし、異なる点が一つだけありました。

2人のうち1人はヨガスタジオに通っていて、もう1人はそのスタジオのインストラクターだったのです。


その差が生まれた理由とは・・・

ヨガをはじめて半年くらい経ったころ、二人ともヨガインストラクターという職業について、知りました。

Aさんはこの話を聞いて、

「ヨガを始めたばかりの私がインストラクターなんて、、、」

と思いながらも

「やってみるだけやってみよう!」

と思い、思い切ってチャレンジすることにしました。

一方、Bさんは

「ヨガインストラクターには興味あるけど、私にはまだ早いかな」

と思い、聞き流したけでした。

半年後、Aさんはヨガインストラクターの資格を取得し、一年後からスタジオでのレッスンを持つようになりました。

その後、インストラクターとしてのキャリアを積み、現在はヨガインストラクターとして地域に根ざした活動をしています。

まだヨガをやったことがない人を対象に、ヨガを教えています。

3歳の子供を保育園に預け、ヨガスタジオや公民館でヨガを教えています。

週4回のレッスンと代行レッスンなどで月に10万円ほどの収入を得ています。

働く時間は多くても週に10時間程度です。

会社に勤めている時より、収入は減りましたが、地域の人のためにヨガをしていることに生きがいを感じています。

子供が大きくなったら、スタジオを持つために、今コツコツとお金を貯めている段階です。


Bさんは、まだ同じ職場で同じ仕事をしています。

Aさんと同じように小さな子供を保育園に預けたあと、以前の職場へパートとして働いています。

朝9時から15時まで、1日5時間、週に5日間働き、月に12万円ほどの収入ですが、この仕事をいつまで続けることができるのか、不安を持ちながら仕事をしています。


AさんとBさんでは同じ収入ですが、ライフスタイルはかなり違います。

あなたはどちらが良いでしょうか?

ヨガインストラクターの良いところは、いつまでも好きな時に自分のペースで働けるということです。

またヨガインストラクターとしてのスキルを学べば、どこに行っても教えることができるのも良いところです。

仮に転勤があったとして、その行き先でヨガを教えることができます。

子供が大きくなったらスタジオを作ることもできるでしょう。

ヨガインストラクターとしての可能性は広いのです。


Bさんは決断するチャンスはなんどもありましたが、

その都度

「今は忙しいから」

「今はちょうどお金がない・・・」

「もうちょっとしたら、、、」

と先延ばしにしながら今日まできました。

Aさんはあの時に決断してので、今はインストラクターとして活動できています。

Aさんもあの時決断しなければ、Bさんと同じような人生だったかもしれません。


ヨガインストラクターに興味ありますか?

今、決断しない人は、これからも決断できないでしょう。

決断する人はするし、決断できない人はできないままです。

もし、ヨガインストラクターに全く興味がないのであれば、これ以上はお読みいただく必要はありません。ご自分の時間を有意義に使っていただきたいと思います。

しかし、もし、あなたがヨガインストラクターという職業に興味があるのであれば、このままお読みください。

そして、ヨガインストラクターという職業について、もっと知りたくなったらどうぞお気軽にお問い合わせください。

回答できる範囲で全て正直にお答えします。


ヨガインストラクターは稼げるでしょうか?

ヨガインストラクターの時給をご存知でしょうか?

多くの場合、インストラクターはレッスンフィーとして、

一般的に1レッスン(60分程度)で3000円~7000円もらいっています。

もちろんこれより高いフィーでやっている方もたくさんいますし、もうちょっと安い人もいるでしょうが、相場としてはこれくらいです。

また、公民館や地域のコミュニティホールでやる場合は一人500円〜1000円が相場です。

5人くれば2500ー5000円、

10人くれば5000ー10000円です。

1レッスンで、です。

あなたが数時間働いて得る収入が1レッスンで得ることができます。


つまり

働く時間が数分の一で同じ収入を得られるのです。

家族との時間も増えるし、自由な時間も増えるでしょう。

もし、あなたが時給1000円程度で働いているのであれば、ヨガのインストラクタ~になることで生活や人生が一変する可能性があります。

ヨガインストラクターという職業スキルを身につけておくことが、将来のあなたを守ってくれます。

例えば、週に2回レッスンすれば、1回5000円として週に1万円、1ヶ月に4万円の収入増になります。

週に2時間で1ヶ月に4万円ということです。

今、お仕事やパートをしているのであれば、そのままでも構いません。

今の仕事、今のライフスタイルのまま、収入が上がるのです。


自由な働き方ができるのもインストラクターの醍醐味です。

あなたはきっと働く時間や無駄な時間を減らしたいですよね。

あなたには他にもやりたいことがあるはずです。

ヨガインストラクターという仕事は、

ヨガを人に教えるだけでなく

自分の人生を楽しむための仕事

にもなるのです。

人に役に立ち、自分も楽しみながら、

自分の夢や人生を歩くことができる職業なのです。

ヨガインストラクターになれば毎日毎日、1日中働く必要がなくなるかもしれません。

もしあなたが週に数時間だけ働いて、月に10万円程度を得たいのであればヨガインストラクターという職業は、選択肢の一つとしてもいいのではないでしょうか?


ただし、、、

誰でもヨガインストラクターになれるわけではないし、

全員が成功するとは限りません。


私もヨガインストラクーになれますか?

率直に言います。

ヨガインストラクターになれるのは一部の人だけです。

【真面目さ】と、【勤勉さ】は絶対必要です。

レッスンや生徒に対する【責任感】も必要です。

【自立心】や時には【厳しさ】も必要です。

あとはヨガに対する【情熱】や仲間に対する【思いやり】も大切です。

しかし、体の硬さや経験は関係ありません。

あなたはあなたのできる範囲で教えれば良いのです。

どの段階の生徒さんも存在します。

ヨガインストラクターになって一年目は初心者を教えれば良いのです。

経験者を相手にする必要はありません。

あなたより知識のない、全くの初心者を相手にすることであなたの価値は上がりますし、あなたも多くを学べるでしょう。


もし、あなたにやる気があるのであれば、チャレンジする価値はあります。

少なくとも、早いうちに先生になる資格を取得しておくのは賢明だと言えます。

そのためにも、まずはインストラクターになるための勉強をする必要があります。

多くのヨガスタジオではティーチャートレーニングと言って、ヨガの先生になる資格を取得できる講座を開いています。

それらを受講することがヨガインストラクターへの早道です。

ヨガインストラクターになる方法

実は、ヨガのインストラクターには正式な資格はありません。

ドクターや柔道整復師、理学療法士のような国家資格ではないので、

あなたも

「私、今日からインストラクターです」

と名乗ってもいいのです。

例えば、ヨガスタジオのティーチャートレーニングだけでなく、通信教育でもヨガのインストラクターになれます。

5、6万円でDVDとテキストが送られてきて、最後にテストを送付すればヨガティーチャーの出来上がりです。

またスタジオ独自の養成コースを開いてくる場合もあります。

これはそこのスタジオが認めたインストラクターということになります。

しかし、そのスタジオが有名でない限り、他のスタジオやジムからは認められません。

RYT200講座がオススメです

RYT200とは

全米ヨガアライアンス公認ヨガティーチャー

のこと。

「全米ヨガアライアンス」「RYT200」などで検索してみてください。

現時点では、RYTが最も信頼の置けるヨガ指導者資格の一つとなっていることが分かると思います。

ほとんど唯一と言っていいかもしれません。


フィトネスジムやスタジオで面接をする際にもRYT200の有無は大きく影響します。

面接者からみればあなたがどれだけ知識やスキルを持っているのか分かりません。

RYT200を持っているということは=それだけである程度のスキルを認めらているということになるのです。

では、どこのスタジオのRYTが良いのでしょうか?

実はRYT200は多くのスタジオで開催されています。

そして、その中身は大きく変わるのです。

RYT200の裏話をします。

RYT200の内容については開催スタジオにかなり任されています。

強いて言えば200時間キチンとやってね、ということくらい。

なので、せっかく受講するならしっかりしたスタジオを選ぶのが賢明です。

よくある例なのですが、安いし、短期間で取得できると思って安いコースに参加してみたものの、内容に浅く、ほとんど役に立たない、ということもあります。

場合によっては200時間しないところもあります。

そして、結局もう一度しっかり教えてくれるところで学び直す、ということが実際よくあります。

時間とお金を2重に無駄にしているのです。

もちろんそういうスタジオを選ぶべきではありません。

この養成コースでは養成終了後に独り立ちしてレッスンの構成ができることを目標にしています。

公民館やカルチャーセンターで一人でクラスを持つことができるようになることを目標にしています。

人によっては教えることを目標にしないかもしれませんが、それでも構いません。

人に教える練習をすることで、自分自身の理解が深まります。

そして、いつか人に教えたいという時が来るかもしれません。

今から準備してください。

学んだことを生かして欲しい・・・

しかし、せっかくなら今回学んだ知識は、あなたの収入に変えていただきたいと思ってます。

お金になる、ということは、あなたのニーズがある、ということです

怪しいサービスや嘘商品を売るわけではありません。

しっかりしたヨガを人に教えて、その対価としてお金をいただくのです。

そして1人でも多くの人を健康に幸せにする手伝いをして欲しいと思います。

この養成コースも同じです。

充実した養成コースを提供し、対価としてお金をいただいています。

そして、私たちはいただいた金額以上のサービスを提供することが大事だと思っています。

ビジネスで絶対に成功する方法の一つが

「これじゃ安すぎる、、」と思われるサービスを提供することです。

私たちもそのように心がけていますし、もしあなたが将来ヨガを教えるようになったら、このことを忘れないでください。

今回の養成コースはご自身への投資と思ってください。

これは単なる消費や浪費とは全く違います。

あなたはこの養成コースを受講することで

  • ヨガの知識やスキルを手に入れることができます
  • ヨガインストラクターになる準備ができます。
  • 1人でヨガのレッスンをすることができるようになります。
  • 新たな収入を得ることができます。

投資とは支払った額より多くの収入を得なければ意味がありません。

そして、この投資はその価値があります。


養成コースの受講費用は一般的に約30万円〜60万円程度です。

決して、安い価格ではありません。

RYT200のティーチング時間は200時間です。

それだけの時間をあなたのためにかけるのです。

あなたは私たちの知識やスキルを1時間2000円で買うことができるのです。


どれだけの収入を得ることができるのですしょうか

これからいくら稼げるのか考えましょう。

例えば、受講料の40万円を稼ぐのに、どれくらい働く必要があるのでしょうか?

1レッスン5000円として、80時間です。

1時間のレッスンなら80本分になります。

つまり週にたった1回レッスンをするだけで2年間あれば元が取れる計算です。

週に2回なら1年以内に、週に4回なら20週、つまり半年程度で元が取れます。


学ぶ時間は200時間。

これだけあるので、かなり学ぶことは少なくありません。

ヨガの歴史、哲学、解剖学、ポーズ、クラスの作り方、怪我や安全について、、、、

初心者が人に教えるための最低限の時間です。


ヨガのインストラクターになることで、

✔︎ 今より働く時間を減らすことができます。

✔︎ 働く時間やライフスタイルが自由になります。

✔︎ 今の仕事や今の生活のままヨガインストラクターとして活動することもできます。

✔︎ 一旦身につければ一生使える職業スキルです。

✔︎ どこにいっても活かすことができます。

「インストラクターになって良かった」という話は聞きますが、「ヨガインストラクターになって後悔した」という話はほとんど聞きません。


最後に一つだけ言わせてください。

もしあなたがヨガインストラクターになれば、少なくとも何十人、何百人の人と会い、その人の人生に影響を与えることになります。

あなたのヨガで、その人の人生を今よりちょっとだけ良いものにできたら素敵なことではないでしょうか?

あなたにはその力がなくとも、ヨガにはその力はあります。

あなたの仕事はヨガの魅力を伝えることです。

言い換えれば、ヨガの力を借りて、収入を得るのです。

「私なんかが、、、」

なんて思う必要はありません。

必要な知識やスキルはRYT200の講座の中でお教えします。

最後に、今回ホームページを読んだことをきっかけに、あなたがヨガインストラクターという職業に興味を持っていただければ幸いです。

より詳しく知りたい、という方は資料をご覧ください。

当スタジオの最新の養成コースの案内や詳細についてご説明した資料をご覧いただけます。

PAGE TOP