fbpx

ヨガの怪我を防ごう!

ヨガは自体重でのエクササイズなので、比較的安全ですが、それでも同じ動作を繰り返しする音で怪我はします。

また、ちょっとした無理でも怪我につながります。

最も多いのが「手首」です。

チャトランガやダウンワードフェイシングドッグなども原因になります。

チャトランガで手のつく位置を下に行きすぎると、手首が硬い人は怪我につながることがあります。

怪我を防ぐコツは、

・安全で正確な姿勢を覚えること

・無理しない

ということ。

いつだったか、サラリーマン川柳に

「無理させて、無理をするな、と無理を言い」

という秀作がありましたが・・

例えばチャトランガでお腹が落ちそうになるのを頑張って耐える、というのはOKです。

というかこれはぜひ頑張って欲しいとこ。

しかし、ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)で背中をぐいっとそらすのはよろしくない。

チェアポーズで手を頑張って伸ばすのはOK。

でもそれで肩や腰に痛みがあるようであればNG。

その場合は、痛みの手前までがあなたの範囲です。

痛みは外部からは見えません。

あなたが痛いかどうかは見た目では判断できません。

肩が上がらないのが痛みなのか、動かないのかは言ってくれないと分からないのです。

動きや顔をしかめたりで予想はできますが、それが痛いのか、辛いのか、苦しいのかは分かりません。。

基本的な考えは、痛みはNGです。

痛みと動きについては

・痛みがなくて、動く

・痛みがないけど、動かない

・痛いけど、動く

・痛いし、動かない

の四つに分けられます。

上の二つはやってもOK。

下の二つの場合は基本的にダメです。

もし痛みを感じたら、速やかに教えてください。

できれば、始める前やカウンセリング時に言ってくれるとベターですね。

ただ硬いだけならまだしも、痛みを感じる硬さであれば必ず事前に教えてください。

秘密にしてもいいことはありません!


ヨガではアジャストメント、と言って誤ったポーズや危ない姿勢の場合に、正しくリードするために触ることがあります。

当スタジオでは

「危なくない限り、触らない」

「まずは口頭で」

を基本指針としています。

もしアジャストの際に痛みを感じた場合は、速やかに教えてください。

そうしないと、私たちにはあなたの痛みや不快感は分かりませんので。。

言ってくれると、「あ、この人はここまでなんだな、、」と分かりますし、他のインストララクターにも周知することができます。

逆に言ってくれないと、分からないし、また次回同じようなことをする可能性もあります。

こういうことについては遠慮することはありません。

痛みや不快感を感じた時には、教えてください教えて欲しい!!

もしあなたがリトリートや他のワークショップに参加する場合でも同じです。


ヨガは前屈の深さや体の柔らかさを競うものでもないし、ポーズの優雅さを見せるものではありません。

できないポーズがあってもいいじゃないですか!

必ず軽減する方法がありますので、迷わずそちらを選びましょう。

人と同じことをする必要は全くありません。

あなたはあなたにあった方法、動ける範囲があります。

あなたは痛みを感じたり、体がおかしくなるほど頑張る必要はありません。

長く楽しくヨガを続けるためにも、大切なルールですよ!

(そして痛みを感じたら速やかに教えてください。)

PAGE TOP