< >

どちらも体がほぐれて血行がよくなり体がスッキリとしたり、あるいはリラックス効果等があります。ヨガは古代インドの修行を目的とした背景があることから、瞑想するため、ヨガで精神を集中させたり、安定させるために呼吸を大切にして行います。現代では修行の目的ではなく、ポーズをキープしながら呼吸を深めることで味わえる感覚が瞑想状態に近いと言われ、フィットネスジムやヨガスタジオなど幅広く、様々なクラスがあります

スタジオやクラスの目的によっても異なりますが、大きくはヨガをする時の環境が異なります。

普通のヨガは、日常の環境の中で、呼吸法やヨガのポーズを行います。

ご自分の体温をそのまま感じ、ヨガを深めるごとに熱をつくり、体の感覚や呼吸も深めていくことができます。

体の感覚や呼吸の状態など繊細な変化を感じられるのも普通のヨガの特徴です。

ホットヨガは、室温40度以上、湿度が40%等、スタジオによっては多少異なりますが、決められた温かい環境の中でヨガのポーズを行うため、汗をかきやすく、体がほぐれる感じがするのがホットヨガの特徴です。どちらも、ご自分にあった環境を選ぶことをお勧めします。

骨盤や背骨のストレッチなど似ている部分もありますが、歴史的な背景から目的も違います。

ヨガの背景は元々は宗教的な修行から始まっているのに対して、ピラティスはエクササイズとして始まっているので、それぞれの実践方法も異なります。

個人の主観によっても違いはありますが、体をほぐすことで血流が良くなり、呼吸を深めることで更にスッキリするような感覚も感じられ、思考の変化もあると思います。

本来のヨガの目的である瞑想状態を感じられると言われています。

ヨガに限ったことではなですが、まずは継続して練習を行いましょう。自分と相性の良い先生を見つけることも大事です。自ら意識できるようになると上達するでしょう。極めるのもご自分次第です。

その必要はありません。マントラはサンスクリット語で賛歌や祈りを意味しています。仏教のお経と同じです。ヨガを行うときにマントラを唱えてみたり、音楽を流すクラスも中にはあります。

古代インドの伝統的な背景があるので、ヨガの教えや専門用語など不思議な印象があるのも当然です。

サンスクリット語で表すヨガのポーズは世界共通です。現代のヨガは宗教色が強いスタジオは少ない様です。哲学や解剖学といった科学的な根拠を元に現代に合わせたヨガの教室が一般的です。

元々は宗教から始まっていますので、そのイメージは当然です。ヨガの最終的な目的は依存するのではなく、自立できるようになることです。

日本にも多くのヨガの団体や協会などがありますが、中でも世界的に有名なのが、ヨガアライアンスです。世界の約70か国が共通の水準を定めているので、日本でも様々なスタジオがヨガインストラクターの養成スクールとして、ヨガアライアンス認定校になっています。

それぞれの協会に登録するインストラクターが多く、その場合は登録料が毎年かかります。

ヨガアライアンスへの登録の場合、毎年  円が登録の更新料としてかかります。

ご自宅などで始めるのも良いことです。

スタジオで受けるレッスンには、よりあなたに必要な声掛けや今の体の状態に合わせたレッスンが受けられるのも魅力の一つです。

難しいポーズをすることがヨガの目的ではないので大丈夫です。体の感覚を感じながら、呼吸を深めていくことを意識すると変化も出てくるでしょう。

筋肉がほぐれて、関節の動きも変わり、柔軟性は上がります。

様々な先生がいるので、個人の主観により異なります。

ホットヨガと普通のヨガ、どちらもあまり差はないと言われています。ホットヨガは高温多湿の体が温まりやすい環境で行うため、代謝が低く汗をかきにくい方などには、代謝が上がりやすく汗もかけます。普通のヨガは自分の体の熱を生み出し筋肉を温めるため、自分の力で汗をかくようになります。実際はクラスの強度によりますので、目的に合わせてクラスの強度を目安に選択されると良いです。

ヨガのクラスを選択される際に、クラスの目的や強度を目安に選択されると汗をかいて身体を引き締めることにも繋がります。あくまでも引き締めることはできますが、体重を減らしたい目的であれば、筋肉も多少つきますので、その他の食生活改善や努力次第ではないでしょうか。

楽しみ方はご自分で目的に合わせて探してみてください。呼吸を意識したり、瞑想したり、体を動かしたり、ポーズをキープしたり、哲学を学んだり、その時その時の目的に合わせて、長く継続していくことができるのもヨガの魅力です。

一般的なヨガをしている方は、なりません。目指されるのであれば話は別ですが・・・。

やっておりません。一般のヨガは修行ではございませんので。

呼吸を行いながら、ポーズを取る、現代の一般的なヨガです。意味としては相反するものに例えて、ハは太陽、タは月を表すと言われていますが、男性や女性などにも例えたり、対にあるものを統合させていくヨガです。またハタはサンスクリット語で力を意味するとも言われています。

ホットヨガの基になるヨガを創始した、ビクラム・チョードリー氏がインドのカルカッタ生まれで、その地域の気候を模していると言われています

ヨガのポーズをキープしたり、呼吸に合わせて意識して動かすことで、インナーマッスルと呼ばれる深層部の筋肉を働かせ、体幹も鍛えられると言われています。

体の特徴により、ベターっとなる方もいますが、関節の可動域によりベターっとならないのが普通だと思っていた方がよいでしょう。正しい方法で、継続することで、ご自身の体に適した柔軟性は変化します。

ヨガを行う環境が変わることで学べることや雰囲気も変わります。例えば、公民館のヨガは個人のインストラクターの先生であったり、集まる生徒さんが近所の人であったり、料金も低価格であったり、近所で気軽に始めたい方向きです。フィットネスジムは、その他の運動の中でヨガも行っている所がほとどで、様々な運動も行いながら、ダイエットやリラックスを目的にしていたり、運動が好きな生徒さんが集まりやすい様です。ヨガスタジオにおいては、ヨガを深めるための細かい指導が受けられる特徴があります。

ヨガの種類は流派によっても様々です。中でも一番ベーシックなのがハタヨガです。

呼吸とポーズに重点を置いた、現在のヨガの基本となるヨガです。初心者の方にもお勧めです。

ヨガの始まりはインドですが、インドからアメリカやヨーロッパ、アジアなどに伝えられ、現在は世界中の多くの国と地域で親しまれています。

朝目覚めた時は、体の緊張が少ない状態になっており副交感神経という神経が働いていると言われています。

朝から身体を動かして目覚めさせることで交感神経が働くため、活動的に動くときなど、特に朝や日中に働かせておくと

そもそもヨガの瞑想には、瞑想の末にディヤーナという瞑想状態を味わいサマディに到達するという目的があります。座禅は、本来の目的は無く行うものというところが違いでしょう。

古くからインドで修行として行われていたために、ヨガの経典(教え)の中にも、タパス(鍛錬・苦行)をするように記されています。現代のヨガにおいては、ポーズをキープして辛い感覚を乗り越えると精神的にも鍛えられると思いますが、体に痛みが出るなどの無理をする事とは違うということを心得て鍛錬するとよいでしょう。

約7,000か所以上と言われていたりしますが、ネットでヨガ教室と検索すると  件出てきます。

大分市内のスタジオやフィットネスジムだけでも30か所くらいあるため、県内だとコミュニティ施設などで行われているところも含めて100カ所以上はあるのかもしれません。

ヨガアライアンスの資格保有者(登録済み)の方は  名と出ています。(2020年2月現在)

ヨガアライアンスの資格保有者(登録済み)の方は  名と出ています。(2020年2月現在)

ヨガの養成講座を行うスタジオがあるので、まずは養成講座でヨガについて知識を深めてみましょう。

ヨガの資格としてはヨガアライアンス認定のRYT200やRYT300といった資格が有名なので、インストラクターを目指されるのでしたら持っておいた方がスタジオなどで教える際にも役立つのでよいでしょう。ヨガインストラクターは国家資格ではないため、必ず無いと出来ない訳ではないですが、世界的にもヨガの知識の基準が設けられている方が、生徒さんも安心です。

モデルさんや芸能人の方もやっているからそのイメージもあるようです。何を綺麗というのかは個人の判断となりますが、不健康な生活をするよりも健康的な生活をすることで、綺麗に繋がるのかもしれません。ヨガで体を動かすことで、体が引き締まり、血行が良くなったりすると外見的な印象も変わりますし、身体を動かすとよく眠れるようにもなります。心と体を意識することで行動が変わったり、姿勢に気をつけたりすることでも印象は良くなるでしょう。また呼吸を意識する練習も精神的な安定に繋がりストレスを感じにくくなるとも言われています。そう考えるとヨガをやっているからというのも理由になるでしょう。

体重にこだわり過ぎず継続すると、引き締めることは出来ると言われています。更に、行う頻度やクラスの強度によっても異なります。例えば、週に1回強度★クラスに参加している場合、食事の量が変わらなければ痩せる事はなく今を維持する程度でしょう。週に2回強度★★以上のクラスに参加して継続していくと、食事の量が変わらない場合も、身体が引き締まり、ウエスト周りが最初の時よりもスッキリしてくる事はあります。

天井から専用の布を吊るしハンモックのようにして、空中で逆さにぶら下がったり、ハンモックを使ってヨガのポーズを取ります。日常では行えない様々なポーズにもチャレンジして楽しむことができます。

こちらのスタジオでは行っておりません。

ヨガとエクササイズの違いはどこからですか?

切り分けて考えた場合、そもそもの目的が違います。

ヨガはエクササイズというよりは、瞑想を行うためのものであり、エクササイズの目的は体をほぐしたり、引き締めたりすることを目的としています。

運動をするマットは種類もたくさんあります。値段も様々です。ヨガマットは当たり前ですが、ヨガをする目的に作られたマットです。例えば、マットに立った時に足元が柔らか過ぎるとバランスを取りづらいと感じたり、手を付いた時に、滑りやすいとポーズが安定しないと感じたり、ヨガはポーズに集中するため、出来ればマットはその邪魔をしないものが良いでしょう。確かに高い値段のマットもあります。実際に試してみてから、使用頻度などを考えて、選ばれる事をお勧めします。

ヨガは最低限必要な道具が少ないので、運動ができる服装とヨガマットがあれば始められます。レッスンの費用も月に10,000円前後です。コミュニティ施設になるとさらにリーズナブルですが、ヨガスタジオは基準を設けられたインストラクターや設備も整っています。例えばこちらのスタジオならヨガマットを無料で貸し出しております。キャンペーンでなどヨガを始めるには親切な特典もあります。

ございます。当スタジオは男性女性問わずご参加いただけますが、他のスタジオでしたら、女性専用で行なっているところもあるようです。

ホットヨガの効果はたくさんありますが、逆効果については、温かいところから急に寒いところにいくと、

怪我をしていたり、体調が悪いなど、またその不安が少しでも有る方は控えた方が良いです。また通院されている方は、かかりつけ医の先生から許可を得てから行ってください。

ヨガは治療ではないので、はっきり言うと治すことはできません。今よりも悪くならないように筋肉を働かせたり、解したりすることを継続していくと、今よりも痛みが軽くなったり、予防することはできると言われています。

肩こりと同様ですが、ヨガは治療ではないので、はっきり言うと、治すことはできません。今よりも悪くならないように筋肉を働かせたり、解したりすることを継続していくと、今よりも痛みが軽くなったり、予防することはできると言われています。

ヨガのポーズと呼吸を深めることで、自律神経のバランスが整うため睡眠もしっかり取れるようになると言われています。

それぞれの良さがあるため、目的に合わせて選ばれることをお勧めします。

何となくヨガに興味を持たれたのでしたら、まずは一緒にやってみましょう。

体を動しながら今に集中します。さらに深い呼吸で心の落ち着きや開放感など、ヨガにはストレスを和らげる要素があります。ヨガを行なっている最中、終わった直後に感じる感覚や変化があるのでしたら、一時的なヨガの効果です。ヨガの教えの中で、心の働きを穏やかにすることも目的とされています。

体をどのような状態にしたいのか目的をはっきりとさせた上で、その目的に合ったクラスなのかを考えてみると良いでしょう。例えば、体を引き締めたいのにリラックスのヨガばかりを受けているとか、柔軟性を上げたいのに体幹トレーニングをしているとか、ストレスを軽減したいのに、たくさん動いて自分を追い込んだり、目的から逸れないようにする事が大切です。 

PAGE TOP